主な活動

主な活動

九州の食®広報活動
PUBLIC RELATIONS

一般社団法人九州の食は、商標登録である「九州の食®」の広報活動とともに、九州の食のブランド認知の推進、関わる事業者の広報活動支援を行っています。九州の食を世界にPR!

 

九州の食EXPO
KYUSHU-NO-SHOKU-EXPO

2014年から開催されている大型の食の展示会「九州の食EXPO(エキスポ)」。ビジネスデー、一般販売デーと、二日間に分けて実施されます。

九州の食EXPO② 九州の食EXPO 九州の食EXPO

 

ビジネスデー(登録者のみ入場可)

EXPO出展者と大手百貨店をはじめとする各バイヤーとのマッチングを主たる目的とします。九州の食EXPOをきっかけに、多くの農家、水産業者、畜産業者、その他食品加工業者との契約が成立。出展者にとっては自社のPRの機会になるほか安定的、継続的な販路開拓の場として、バイヤーにとっては真新しい九州の食の魅力を発見する場として、例年大きな活気を見せています。

九州の食EXPO 九州の食EXPO

 

一般販売デー(どなたでも入場可:入場無料)

消費者に対して直接PRができるチャンスです。2014年、2015年は福岡県北九州市の西日本総合展示場で開催され、1万人を超える来場者で賑わいます。来場者にとっても今までに見たことがないような、味わったことがないような九州のおいしい食を発見する機会となり、さらにはリアルタイムで有名シェフの調理が見える「フードライブステージ」はじめ、食育、薬膳料理に関する各種セミナー等、子どもと一緒に楽しめるイベントも盛り沢山です!

九州の食EXPO

 

九州の食EXPO実績

 

第1回 九州の食EXPO2014

日時

平成26年2月10日(月)12 :00~17:00 バイヤーデー(展示商談会)

平成26年2月11日(火)10:00~16;00 一般デー(展示販売会)

会場

西日本総合展示場新館

福岡県北九州市小倉北区浅野3−8−1

共催 北九州市
後援 九州経済産業局、九州農政局、福岡県、福岡市、独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部、九州農業成長産業化連携協議会、一般社団法人九州北部信用金庫協会、独立行政法人日本貿易振興機構北九州貿易情報センター、福岡県商工会連合会、福岡商工会議所、福岡県中小企業団体中央会、一般社団法人福岡県中小企業診断士協会、福岡フードビジネス協議会、福岡県中小企業家同友会、西日本新聞社、日本経済新聞社西部支社
出展者数 156社(158ブース)
来場者数

バイヤーデー 557人

一般デー 11,869人

商談会マッチング数

①名刺交換レベル132件

②好感触(継続商談率高い)レベル188件

③次回アポ確約・サンプル納品レベル98件

販売会売上 530万円
マスコミ取材 テレビNHK、民放全局(うちRKB、FBSが2月10日生中継)、西日本新聞、朝日新聞、読売新聞、FM北九州、クロスFM、ラブFM等

 

 

第2回 九州の食EXPO2015

日時

平成27年3月20日(金)10 :00~17:00 バイヤーデー(展示商談会)

平成27年3月21日(土)10:00~16;00 一般デー(展示販売会)

会場

西日本総合展示場新館

福岡県北九州市小倉北区浅野3−8−1

共催 北九州市
後援 九州経済産業局、九州農政局、九州農業成長産業化協議会、独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部、㈱農林漁業成長産業化支援機構、九州各県、福岡市、一般社団法人九州経済連合会、九州各県商工会議所連合会、九州各県商工会連合会、日本貿易振興機構九州各事務所、西日本シティ銀行、福岡銀行、北九州銀行、一般社団法人九州北部信用金庫、一般社団法人南九州信用金庫協会、福岡ひびき信用金庫、各県中小企業家同友会、日本経済新聞西部支社、西日本新聞、など全60社
出展者数 206ブース
来場者数

バイヤーデー 1,050人

一般デー 10,000人

商談会マッチング数

商談件数1149件

(内訳)

①名刺交換レベル508件

②次回アポレベル202件

③サンプル納品レベル125件

④見積レベル129件

販売会売上 713万円
マスコミ取材 テレビ民放全局(うちTNCが3月21日に生中継)、西日本新聞他 (※現在確認中)

 

 

 

ふるさと名物普及事業
POPULARIZATION ACTIVITIES

九州経済産業局の事業である「ふるさと名物普及事業」。2015年度、一般社団法人九州の食は、その事業の運営者として事業を受託しています。

詳しくはコチラのページから